台本からTV、そうして、劇場エディションへ

TVコミック力作には、作用をトラブルにしたストーリーのように、連続した対談がある物体といった、「はじめ言葉終焉物体」といったがありますね。
最も、「はじめ言葉終焉物体」は、基本的にキャラクターも時代を取らないので、長く放映されている物体もあります。

また、TV力作化された力作の時折、劇場バージョンが生まれる物体もあります。
しかし、劇場バージョンをつくるためには、でまかせでない費用も掛かりますので、いつ、製造を決断するのかも重要な務めになると思われます。

もっと、劇場バージョンはTVコミックとは違う自家製対談が多く、まるで「逸話」になるため、酷いお子さんは混乱してしまうかもしれません。
最も、おとなしくフィルム鑑賞できる歳になる間には、対談を理解できるようになると思いますが・・・

因みに、僕が最初に観た劇場バージョン力作は、「宇宙戦艦ヤマト」関連のひとつでした。
その力作は、劇場バージョンができてから、TVアニメ化変わるという範疇をたどってある。
また、劇場バージョンの対談にもとづいて制作されていますが、ラストシーンが異なるように設定され、いつか作品につなげているようにも感じました。透き通るような美肌を目指すなら美容液を替えてみよう。

台本からTV、そうして、劇場エディションへ